第7回定期戦の見どころ

平成30年度春季四国六大学野球リーグ戦では愛媛大学(3位)・松山大学(4位)とともに悔しい結果となった。今回で復活して第7回目を迎える定期戦では、両大学のプライドがぶつかり合う試合展開に期待したい。松山大学は、絶対的エース渡辺、春のリーグ好投をみせた篠原、故障からの復活を遂げた山下、野手では、今季本塁打を放った世木田・小林・奥田といった好打者たちが打線に待ち構える。愛媛大学は、高低を活かしたピッチングの佐藤、今リーグ好リリーフをみせた吉田といった投手陣に、主将西島を中心とした得意の機動力に加え、ここ一番の痺れる場面で今村・楠・康などの勝負強い打撃陣から目が離せない。試合以外にも互いの誇りがぶつかり合う選手たちを盛り上げる両大学のサークルによるパフォーマンスからも見逃せない!野球王国復活のため、選手・観客、球場全体を巻き込み、ここ坊っちゃんスタジアムに初夏の嵐を巻き起こす!リーグ戦とは違った雰囲気で試合をお楽しみください。

【第7回愛媛大学・松山大学硬式野球定期戦】
日時:2018(平成30)年5月26日(土) 12:30試合開始
場所:坊っちゃんスタジアム(松山市)
(正午より、オープニングセレモニーを行います)

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

(通算成績)
松山大学 23勝、愛媛大学 12勝、引き分け1、中止1、(通算37回)

20180425gakusei_01.jpg

この記事へのコメント